安心して服用するために※アレルギー持ちでも大丈夫なの!?

ムシバイ アレルギー

 

子どものアレルギー。一歩間違えると命を落とすことにもつながる重要な問題です。

 

特に抵抗力の少ない小さなお子さんはアレルギーを持っている人も多く、食事や食べ物にも気を使います。

 

虫歯の予防として今人気を集め、注目をされているムシバイ。それではムシバイはアレルギーのある方も副作用などなく召し上がることはできるのでしょうか。

 

せっかくの良い商品でもアレルギーを持っている方が副作用を懸念し食べられないのは残念です。

 

こちらでは、口腔ケアチュアブルのムシバイにアレルギー反応や副作用はあるのか検証します。

 

 

ムシバイにアレルギー反応は見られるの?

 

ムシバイの公式サイトには、ムシバイの成分に関する内容や皆さんが疑問に感じていることが詳しく載っています。

 

まず、ムシバイは口内にある善玉菌の働きを活発にし、口内の善玉菌と悪玉菌のバランスをベストにする効果はあります。

 

そしてムシバイは乳アレルギーの方も安心して召し上がることができます。

 

まず、善玉菌と聞いて思い浮かべるのが乳酸菌です。そして乳酸菌といえば乳製品から作り出されるイメージがあります。

 

しかしムシバイに含まれている特許成分のPS-B1は21種類の乳酸菌をもとに、単菌培養・複合培養・共棲培養を経て、本培養になります。

 

本培養の際に使用するものは国産の有機大豆を培地としているため、乳アレルギーのお子様も安心して召し上がることができます。

 

そして、PS-B1は自然由来の成分で口内に存在する善玉菌の働きをサポートし、口腔環境を整えるのです。

 

殺菌剤にように、いい菌も悪い菌も殺してしまう乳酸菌ではないので安心して召し上がることができます。

 

そして厳しい品質基準をクリアした工場で生産しているため、安全に徹底的にこだわっています。

 

しかもムシバイは、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤はもちろん、合成着色料・合成保存料・合成調味料・牛乳アレルゲン・グルテン・糖類・ポリエチレングリコール・刺激・グリセリン・フッ化ナトリウム・発色剤・漂白剤・パラベンなどの成分の一切含まれていないのです。

 

そのため副作用は起きる心配がありません。しかし副作用とは、アレルギーの方だけに発症するのではなく体調や、食べ合わせ等によっても発症します。

 

乳アレルギーの方は安心して召し上がることはできますが、その他のアレルギーの方は、係りつけ医に相談し、微量でもアレルギー反応や副作用な起きた方は控えていただく方が良いと思います。

 

向上では品質基準はクリアしていますが、一部アレルギー物質を含む製品も生産していますのでお気をつけください。

 

 

ムシバイの副作用のまとめ

 

ムシバイは乳アレルギーの方は安心して召し上がることができますが、その他の方は係りつけ医にご相談の上、ご注文ください。またムシバイの公式サイトにはたくさんの気になる質問にも真摯に向き合っていますので、一度ご覧になることをオススメします。

 

 

>>ムシバイの公式サイトはこちら